• feblabo×羊とドラコ

    大阪→東京→石巻

    三都市ツアー公演

    特設サイト

    2019年に大阪と東京と石巻で『日曜日よりの使者』を上演するために立ち上がった、

    スペシャルユニットです。

  • 作品紹介

    「日曜日よりの使者(東京版)」 from東京

    脚本 竜崎だいち(羊とドラコ)

    演出 池田智哉(feblabo)

    出演 荻山博史(smokers) 島田雅之(かはづ書屋/DART'S) 堀ユーヘイ(SUAMA)

     

    とある日曜日。懐かしい喫茶店。

    コーヒーメーカーがゆるゆると、こぽこぽと音を立てる。

    うっすら波の音が聞こえた気がする。老人がトイレから帰って来る。他に人はいない。

    挽きたての珈琲のいいにおいがする。

    老人、においに誘われ、珈琲に口をつけようとしたその時。

    けたたましい声とともにもう一人、老人が現れる。

    これは、リクオとハマオの友情物語。

    ほれ、懐かしいじゃろ、このにおい。あのころのこと、何か思い出さんかーー?

    「いまこそわかれめ」 from東京

    脚本 目崎剛(たすいち)

    演出 池田智哉(feblabo)

    出演

    【Aキャスト】塩原俊之 大和田あずさ 

    【Bキャスト】小島明之(カムヰヤッセン) 土田香織
     

    「ちゃんと仰げば尊し歌った?」

    いつもの喫茶店。いつもの席。

    目の前の親友は不意にそんなことを訪ねてきた。

    いつもと違うのは、卒業式だったこと。

    卒業しなくてはいけないのだということ。

    親友の「仰げば尊し」講座が始まって、

    いつも通りにくだらない話をしながら、

    僕達は卒業していく。卒業しなくては、ならない。

    「日曜日よりの使者(大阪版)」 from大阪

    脚本 竜崎だいち(羊とドラコ)

    演出 石原正一(石原正一ショー)
    出演 石原正一(石原正一ショー) 平林之英(sunday) 西村朋恵(こまち日和)

     

    とある日曜日。懐かしい喫茶店。

    コーヒーメーカーがゆるゆると、こぽこぽと音を立てる。

    うっすら波の音が聞こえた気がする。老人がトイレから帰って来る。他に人はいない。

    挽きたての珈琲のいいにおいがする。

    老人、においに誘われ、珈琲に口をつけようとしたその時。

    けたたましい声とともにもう一人、老人が現れる。

    これは、リクオとハマオの友情物語。

    ほれ、懐かしいじゃろ、このにおい。あのころのこと、何か思い出さんかーー?

    「水の袋の逢瀬」 from大阪

    脚本・演出 竜崎だいち(羊とドラコ)

    出演 ツジコウイチ(コッコア) 西村朋恵(こまち日和)

     

    風呂の湯が溜まる情緒のない音。
    他愛もない日常会話、今日の話、明日の話、知らない話、今からふたりで行なう行為の話。

    興味なんてない。

    お湯から立ちのぼる湯気によって、部屋の湿度は上がるはずなのに。

    ぼくらはどんどん乾いていくんだ。

  • 日時&場所

    【大阪公演】

    2019年11月9日(土)・10日(日)

     

    <日時>
    9日(土) 14:00[西]/17:00[東A]/20:00[西]
    10日(日) 11:00[西]/14:00[東A]/17:00[西]


    ※受付開始・開場は開演の30分前。

    ※[西]…「水の袋の逢瀬」「日曜日よりの使者(大阪版)」を上演します。

    (約90分予定)

    ※[東]…「いまこそわかれめ」「日曜日よりの使者(東京版)」を上演します。

    (約75分予定)

     

    <料金>

    全席自由
    前売 2,800円

    当日 3,000円


    三都市ツアー応援し太郎

    4,000円(特典付・当日可)
    ※特典は当日のお渡しとなります。

     

    <会場>

    common cafe
    〒530-0015

    大阪市北区中崎西1-1-6
    吉村ビルB1F
    Tel 06-6371-1800

    【東京公演】

    2019年11月22日(金)~24日(日)

     

    <日時>
    22日(金) 20:00[東A]
    23日(土) 14:00[東B]/17:00[西]/20:00[東A]
    24日(日) 14:00[西] /17:00[東B]


    ※受付開始・開場は開演の20分前。

    ※[西]…「水の袋の逢瀬」「日曜日よりの使者(大阪版)」を上演します。

    (約90分予定)

    ※[東]…「いまこそわかれめ」「日曜日よりの使者(東京版)」を上演します。

    (約75分予定)

     

    <料金>

    全席自由
    前売 2,800円

    当日 3,000円


    三都市ツアー応援し太郎

    4,000円(特典付・当日可)
    ※特典は当日のお渡しとなります。


    <会場>

    シアター・ミラクル
    〒160-0021

    東京都新宿区歌舞伎町2-45-2
    カイダ第3ジャストビル4階

    Tel 03-5155-0788

    【石巻公演】

    第4回いしのまき演劇祭参加公演

    2019年11月30日(土)・12月1日(日)

     

    <日時>
    11月30日(土) 14:30[東B]/17:30[西]
    12月1日 (日) 14:00[西] /17:00[東B]


    ※受付開始・開場は開演の20分前。

    ※[西]…「水の袋の逢瀬」「日曜日よりの使者(大阪版)」を上演します。

    (約90分予定)

    ※[東]…「いまこそわかれめ」「日曜日よりの使者(東京版)」を上演します。

    (約75分予定)

     

    <料金>

    全席自由
    前売・当日共通 2,000円


    三都市ツアー応援し太郎

    4,000円(特典付・当日可)
    ※特典は当日のお渡しとなります。

     


    <会場>

    旧観慶丸商店
    〒986-0022

    宮城県石巻市中央3-6-9

    Tel 0225-94-0191

  • チケットご予約

    ひつじをクリックして、予約フォームに進んで下さい!

    大阪公演はこちら

    東京公演はこちら

    石巻公演はこちら

  • FAQ

    公演についての「これなあに?」をまとめました!

    「三都市ツアー応援し太郎」とは?​

    今回の大阪・東京・石巻公演の実現にあたり、どうしても必要なのが「旅資金」でした。キャスト・スタッフのスケジュール、作品のクオリティ、いろんなものと調整に調整を重ね協議しましたが、どうしても赤字が出てしまう。それでもどうしてもやりたかった旅公演。

    そんな旅資金を、とっても忍びないのですがお客様に応援して頂けないだろうか。という発想から生まれたのが、今回の【応援し太郎】です。

    もし少しでも援助して頂けるお客様がいらっしゃいましたら、ご予約時に【応援し太郎】を選択下さい。すると前売価格の差額分が、我々の旅資金にプラスされます!
    【応援し太郎】には、ささやかですが感謝の気持ちを込めて特典もお付けいたします。
    もし少しでも応援していいよ!というお客様がいらっしゃいましたら【応援し太郎】でのご予約をお待ちしております。


    ※当日、通常チケットを【応援し太郎】に変更することも可能です!

    「三都市ツアー応援し太郎」特典紹介★

    ①「日曜日よりの使者2019」上演作品戯曲集〈非売品〉

    東西で上演する3つの作品「日曜日よりの使者」「いまこそわかれめ」「水の袋の逢瀬」を収録。

     

    ②お客様の観劇回の俳優陣による直筆御礼メッセージ

    ご観劇いただいた回に出演の俳優陣から御礼メッセージをお届けします。

     

    ※特典は当日のお渡しになります。

    「リピーター割引」とは?

    チケット半券をお持ち頂ければ、次回は500円引きでご覧いただけます。都市をまたいで頂いても大丈夫です!ぜひご利用いただいて、東、西どちらも観劇制覇して頂けましたら嬉しいです。

  • 石原正一 (石原正一ショー)

    from大阪 「日曜日よりの使者」[西] 演出・出演

    石原正一ショー主宰。高校の文化祭クラス劇で初脚本『ゆきゆきてムーミン』を発表。その頃は演劇をまだ知らず。89年劇団そとばこまちに入団、生瀬勝久座長時代を経て、95年プロデュース劇団旗揚げ。脚本演出振付出演を担当。「筋肉少女」「野球狂の詩子」「ハリーポタ子」など。熱血青春少女モノに定評。漫画朗読家の顔も有り。2008年頃は関西AM、FMでラジオパーソナリティも。2010〜12年に2人芝居シリーズ(中崎町ミュージアムスクエア[通称NMS])を開催。60分を共演者と書き下ろしの戯曲にて。これを東京こまばアゴラ劇場で10本全作品を2週間かけて一挙上演した時は石原の脳内は10時間分の台詞がインストールされていて正気の沙汰ではなく楽屋のなとは裏腹に1人鏡前で台詞を念仏の様に唱えていた。(その10本の中には今作品も当然あり、使者でアゴラを締めた。)

    …なんやかやで演劇人生30周年。節目の時。

    平林之英 (sunday)

    from大阪 「日曜日よりの使者」[西] 出演

    1970年8月13日生まれ。神奈川県横浜市出身。

    神戸大学自由劇場で演劇を始め、1993年に劇団☆世界一団(現sunday)の旗揚げに参加、ほぼ全公演に出演。sunday座長として昨年は初の演出にも挑戦した。役者の他にサックスプレイヤー、コンポーザー、ウクレレ演奏、タップダンサー、 紙芝居作家など様々な顔を持つエンターティナー。「音楽の旅」ライブも主催している。

    西村朋恵 (こまち日和)

    from大阪 「日曜日よりの使者」[西]/「水の袋の逢瀬」 出演

    大阪生まれ秋田育ち。2012年プロデュースユニット「こまち日和」を旗揚げ。全ての作品の主演とプロデュースを行い、空間にこだわって生演奏と共に"わくわくする"作品をお届けするプロジェクトを展開。役者として外部作品にも出演多数。

    2006年より役者落語一門・焼酎亭に参加。以降、焼酎亭ウーロンとして多数の寄席に出演。秋田弁での落語や英語落語もてがける。その活動は演劇に留まらず、ピアノや鍵盤ハーモニカ演奏としてイベントへの出演、ロンドン留学時に学んだ映像編集も手がける。
    パンが好きすぎてパンシェルジュ2級取得。

    ツジコウイチ (コッコア)

    from大阪 「水の袋の逢瀬」 出演

    バンド「コッコア」にてボーカルとギターを担当する。ドラマティック且つシュールなライブを得意とする。

    バンドをしながら、役者もする。そして落語もする。

    竜崎だいち (羊とドラコ)

    from大阪 「日曜日よりの使者」 脚本/「水の袋の逢瀬」 脚本・演出

    大阪芸術大学芸術学部文芸学科卒。関西の劇団「ミジンコターボ」の座付き作家として2003年の結成から2013年末まで活動。2015年より、ひとりユニット「羊とドラコ」を旗揚げ。すべての作品の作、演出を手掛け、女優としても外部作品にも多数出演。躍動感あふれる華やかでファンタジーな世界感に、そこに生きる生々しい人間描写が魅力。

    最近の主な作品として、『ミュージカル「黒執事」~NOAH’S ARK CIRCUS~』(脚本)、『舞台「黒子のバスケ」ULTIMATE BLAZE』(脚本)、江本真里子一人芝居「きみとわたしとクライマックス」(脚本・演出)、満月動物園・羊とドラコ共同企画「愛慾巡遊社」(脚本・演出・出演)など。

    荻山博史 (smokers)

    from東京 「日曜日よりの使者」[東] 出演

    1966年10月3日生。大阪府大東市出身。

    元はべヴィメタバンドマン、バンド解散後大阪でドラマやCM、舞台を。

    そして1999年、ノストラダムスの予言で世界が終わると言うのに、何の宛もなく何故か東京へ。

    そして何だかんだと周りに恵まれ現在に至る。

    現在は俳優活動に加えて、ナレーションの仕事も。音楽、映画、車、プロレス、お酒、〇〇好き。

    半世紀、好きな事ばかり続けて来ました。これからも出来る限り転がり続けます!

    出演歴などはFacebookのプロフィールをご覧下さいー!

    島田雅之 (かはづ書屋/DART'S)

    from東京 「日曜日よりの使者」[東] 出演

    かはづ書屋/DART'S所属
    俳優、演出、演劇講師。
    現在は古典ミステリを新解釈し、論理と情念での推理論争劇をメインとした「かはづ書屋」を軸に、様々な劇団へと客演として数多くの舞台へと出演。
    観客を圧倒するほどの熱量の高い芝居、また論理を構築し推理を組み上げる芝居に特に定評がある。
    また俳優養成所演劇講師としても活動しており、映画「ナラタージュ」では演劇監修を努め、プレイヤーから舞台演出、講師と幅広く活動中。
    今作の「日曜日よりの使者」は2017年から3
    度、東京・石巻にて上演を続け今回で4度目。今まで育ててきた「使者」の集大成となる。

    堀ユーヘイ (SUAMA)

    from東京 「日曜日よりの使者」[東] 出演

    coming soon...!

    塩原俊之

    from東京 「いまこそわかれめ」[A] 出演

    千葉県出身。
    2006年、アガリスクエンターテイメント『ナイゲン』の観劇をきっかけに同劇団に入団。

    喜劇俳優として、東京の小劇場シーンで活動中。

    天パで汗かき。

    大和田あずさ

    from東京 「いまこそわかれめ」[A] 出演

    宮城県仙台市出身。身長151㎝、血液型B型。小劇場を中心に活動するフリーの俳優。
    主な出演作は、2018年「いまこそわかれめ」(脚本:目崎剛)、2019年「いざ、生徒総会」(脚本:冨坂友)。

    グミが好きでよく食べている。

    小島明之 (カムヰヤッセン)

    from東京 「いまこそわかれめ」[B] 出演

    2009年よりカムヰヤッセンに所属し、以降全ての本公演に出演。
    2017年の劇団休止以降も精力的に俳優活動を続ける。

    主な出演団体としては、しあわせ学級崩壊、牡丹茶房、鬼の居ぬ間に、劇団肋骨蜜柑同好会などがある。
    特徴的な声とキレのある体躯とを武器に様々な舞台を駆け回る。

    土田香織

    from東京 「いまこそわかれめ」[B] 出演

    小劇場で役者をやっています。

    群馬県出身、B型、チョコレートとアイスと愛猫くうちゃん、アイドル、少女マンガが好きです。

    数字か苦手。

    好きな言葉は「精神一到何事か成らざらん」。

    目崎剛 (たすいち)

    「いまこそわかれめ」脚本

    1987年、神奈川県生まれの神奈川県育ち。大の漫画好き。読書も好き。
    小学6年生で心臓病を患い、運動系部活動への参加を断念し、中学生で演劇と出会う。中高一貫校で約6年間、部活としての演劇にどっぷりはまる。中学生より脚本を書き始め、6年で5つの脚本賞をもらう。「中学創作脚本集3」(晩成書房)に収録される。
    また、高校時代に、横浜市青葉区小中高生ミュージカルに2回出演。社会人劇団に客演。神奈川県下の高校生を集めての自主公演などを行う。
    2006年、早稲田大学第二文学部入学。早稲田大学演劇倶楽部に入部。その後、年平均10本ペースで、脚本・演出・役者・制作・演出助手などで公演に携わる。

    近年では、神奈川県の中学、高校の演技WSの講師、演劇大会での講評、また2012年より横浜市青葉区小中高生ミュージカルの脚本・演出も担当するようになり、演劇教育においても活動を始める。

    また、劇王東京Ⅱにて短編「透明人間、消える」で優勝し、二代目東京劇王の座に輝く。全国大会でもある第一回神奈川かもめ短編演劇祭に出場。韓国に敗れたものの、国内では一位を獲得。

    池田智哉 (feblabo)

    from東京 「日曜日よりの使者」[東] 演出/「いまこそわかれめ」演出

    feblabo代表、1982年生まれ、東京都出身。
    プロデューサー、演出家、たまに俳優として、東京の小劇場を中心に暗躍中。
    ボートレースファン。新宿ムラマティとして劇団鋼鉄村松に所属。
    これまでに演出した作品は長短編併せて120本に及び、
    自分では脚本を書かず、演出とプロデュースを手掛ける。
    2013年より、シアター・ミラクル支配人も務めている。

  • ABOUT US

    feblaboとは?

    東京の演出家・池田智哉による一人企画・プロデュースユニット。

    読みは「ふぇぶらぼ」。
    2006年始動。

     

    毎回脚本家を招き、池田が演出するスタイルをとる。これまで組んだ脚本家は50人以上、演出作は長短編併せて100作品を越える。再演も多い。

    何よりも脚本を重視し、空間とそこに存在する俳優と役割を掘り下げ、「嘘のなさ」を引き出す演出が特徴的である。

    羊とドラコとは?

    ⻯崎だいちの個人ユニット。

    2015年1月、ユニット名発表。

    関西を拠点に活動中。
     

    表舞台は苦手な本名の自分と、⻯崎の名を名乗る非常に活発な自分。二つの自分をつなぎ合わせ、ユニット名として具現化。

     

    2013年まで在籍していた関⻄の劇団「ミジンコターボ」で培ったファンタジーの世界は勿論、やりたいことは全部やるをモットーに様々なジャンルに挑戦中。

    feblabo×羊とドラコとは?

    2011年1月に「日曜日よりの使者」初演を大阪でたまたま観たfeblabo池田が、2017年4月に石巻の街に立った時に、「石巻で『日曜日よりの使者』を上演したい」と思い立ったことから、いしのまき演劇祭に参加し、東京の俳優と石巻で3年間で3度の上演が実現。


    今回は、満を持して、本家の初演キャストの大阪チームの羊とドラコと、3年間『日曜日よりの使者』を上演してきた東京チームのfeblaboが、それぞれの『日曜日よりの使者』(と、もうひと作品ずつ)を引っ提げて、大阪・東京・石巻の三都市をめぐります。

  • - CONTACT US -

    ×
    fsdfsdf